まっすぐ歩くの苦手

引きこもりが何か取り組もうと思って作ったブログ。ネガティブ吐き出しながら頑張ります。

ソロモンよ、

私は帰ってきた!バーン(集中線)

一度は使ってみたいセリフ。

 

なんとか言ってるけど、まあ明日からまた書かない可能性大だけど。

 

なんか運送荷物の仕分けバイト始めたり(早朝起きれない)

障害年金の申し込みで電話が繋がらなかったり(最早直接行ったほうが早いような)

入院話でたり(金がないよ)

テンションの浮き沈み(平常はない)が激しくてアホみたいに散財したり(バイバイ諭吉)

在宅ワーク始めたり

ポイント貯めるサイトにめっさ登録したり

知人とカラオケに行く予定ができたり…

やっと友人の状況報告聞けたり

 

 

日々生きてると全く良くなってる実感ないどころか焦りとか苛立ちが凄いけど、

こうやって書きだしてみるといろいろあるね

とりあえず腹減った

特になし

うーん(゜-゜)

毎日やる気どころかホント気力わかないわ。

行動に移せない。この更新も時間つぶしだし。

考えるのもイヤ。

現実逃避の場合、現実とは違うことを考えるじゃん?

そういうことにも頭使いたくないの(笑)

 

近々一週間くらいは家から出てないんじゃないかな。

家にばっかりいるから必然と家族と顔合わせることになるし。

家族とは折り合い悪いしな。だからといってほかに安心?できる場所の心当たりないしな。

 

7月 読書記録②

 続いた第二弾!

病院の待ち時間、処方箋できるまでの待ち時間、ミスドでカフェオレ3杯(迷惑)飲み終わるまで、図書館閉館時間まで粘ったあげく本日読み終わった本たち。

歴史を味方にしよう (YA心の友だちシリーズ)

歴史を味方にしよう (YA心の友だちシリーズ)

 

 藤堂高虎…青いマフラー(無双)で気難しい、大谷さんと仲いいくらいしか知らないけど、ちょっと調べてみたいと思った。「俺は嫌いって言っていいけどお前が言うのは許さない」的な発言とか、どこまで捻くれてんの。好きなんだけど。

 

賢く「言い返す」技術: 人に強くなるコミュニケーション (単行本)

賢く「言い返す」技術: 人に強くなるコミュニケーション (単行本)

 

 面倒な人いるからねー。結局は人間関係の悩みって必ず避けて通れないからね。

今所属してるのは「家族」「友人」くらいだけど。それだけでも面倒なヤツいるからね。自分含め。 

スワン―アンナ・パブロワのゆめ

スワン―アンナ・パブロワのゆめ

 

 いい年したヤツが絵本…とか思われるかもだが表紙の女の子に魅かれて。

変態じゃないフェミニストです。

じゃなくて。実在の人を描いた絵本なのね。この人が今のバレエのあのほっそりした感じの、を作ったんですね。昔はガッシリした体型の人がやってたって、想像できぬ。

 

バイト探しは…

バイトルに登録して、早速登録説明会なるものに参加してきました。

最近のってすごいですね。

ほとんど人間を介さないの。メールでそこまで済ませるられるん?みたいなとこでビビりました。

 

というかまずバイトルの制度?をわかってなくて、今日のが登録会だってこと自体わかってない状態で参加してましたからね?(笑)

ああいう短期とか日払いとか軽作業系のは、派遣アルバイトが普通なんですね。というかアルバイト紹介サイトに載っている求人自体が、会社と契約状態になるものが多いんですね。本当知らなかった。今日の意気込み恥ずかしい。面接と勘違いして、緊張して頓服飲みすぎたの本当なんなの…。

 

なんかすごい勉強になりました…

アルバイト先見つけるのにも、今の自分には少し負担あるのかな(笑)

一時のテンションで人間動くと、碌なことないですな

7月 読書記録①

先日の記事にスターつけてくださった方、本当にありがとうございます。

マジもう、本当、感謝しかできませんありがとうございます。

 

本題

今日読み終わった本ー

 

警官の貌 (双葉文庫)

警官の貌 (双葉文庫)

 

 警察小説自体は以前から興味があったんだけどどれ読んでいいかわからない…

そんでこの本ですよ。

個人的には今野敏さんのスタンダードものが一番理想でした…

あと貫井徳郎さんの作品。こちらは警察小説より社会派の面が強いですかねー。

近頃の読書記録(実験)

 最近読んだ本。のリスト。

凄いな。ブログってこんな簡単に画像の貼り付けできるの?

困惑したわ。

スマホで撮った写真とかはどう貼り付けんだろ?スマホ版でやればいいのか…

 

まあ宣伝というより、ブログ機能の実験兼日々の読書習慣付けのため、読書記録を残せそう(画付きでできるのデカいよね!)ってことでやってみた。

感想とかは今後書けるとき書けたらいいかなと思う。

文章力ないから「面白かった」「よくわからなかった」とかそういうのになりそうだけど(笑)

メサイア 警備局特別公安五係 (講談社文庫)
 

 

 

フリークス (光文社文庫)

フリークス (光文社文庫)

 

 

 

幸福の王子―オスカー・ワイルド童話集

幸福の王子―オスカー・ワイルド童話集

 

 

 

「自分がイヤだ!」と思ったら読む本

「自分がイヤだ!」と思ったら読む本

 

 

俺のついった事情

父親に合わせてこれまで生活してきて、鬱の症状がひどいときに限って自分にとって傷つく言葉や行動をされた日があった。

昨日、一昨日くらい。

その苦しい思いをTwitterで長々しく書いたんですよ。

保健相談所の職員も電話捕まらないし、病院は電話診療対応していないし、父親のことだから母には言えない。相談できそうな親族は二人とももう居ない。いのちの電話とか調べるレベルには追い詰められてた。

 

妹二人は必死に慣れないながらも協力して父親の対応をしている。

母は仕事でいない。自分は戦力外で部屋に籠る。妹たちの手伝いもせずに。

 

そんで夕飯も食べずに風呂も入らずに薬だけ普段の倍以上飲んで寝て。

 

そんで次の日(じゃあこれは一昨日の出来事だったのか)Twitterのコメント欄?を見て就労支援施設で出会った友人たちから心配の言葉をもらって。目頭が熱くなるどころか涙がでたよね。

この人ら自分の就職活動で、他人の心配なんてしてる余裕ないはずなのに。障害も含むね。

 

これまでも辛いこと何度も書いたことあったけど、この人らフォローする前、いわゆる付き合いの長い奴らなんて何にもこんなこと書いてくれたことなかったのに。うれしかったけど、こんな経験無さ過ぎて驚いた。

 

自分にとってTwitterってコミュニケーションする場というよりただ発信する場としてとらえていただけに、今回の体験は大分衝撃的だった。

友人たちありがとう。